Saturday, May 23, 2009

OBSラジオ「朝感」取材の報告 Live interview with OBS radio station

 今週の木曜日の朝、OBSラジオの荒金由希子さんがトピッカーで訓練校に取材にやってきた。打ち合わせをしてから、約4分間のインタビューに入った。生放送ということでちょっと緊張していたけど、自分の竹工芸訓練についての思いを存分に語れることが嬉しかった。話し合った詳細な内容はここでは紹介できないんだけど、大分に来たきっかけは何だったのか、どうして竹工芸訓練支援センターに入ろうと思ったのか、入って一番苦労していることは何か、卒業したらどうするか、アメリカには竹工芸はあるのか、というのが大体の流れだった。トピブロ(トピッカーのブログ)にも、私と荒金さんとの写真や、このブログへのリンクも載っているから、是非ご一読を。
 先週の日曜日朝刊の大分合同新聞(11面)にも私が初の外国人として入校したことが大きく取り上げられた(それについては近々別のポストに書くつもり)。こうやって私の入校がたくさんの人に注目されるのはすごく嬉しくて、この取材ぶり(?)も大変有難い。が、毎日の訓練においては、他の18人の訓練生もみんな一生懸命がんばっている事をお忘れなく。竹に惹かれて、遠い県外から引っ越してきている方も多数いるから、「外」という意味では一緒だと思う。故郷が国内の地方であれ、別の国であれ、竹という自然素材にぶつかりながら仲良くなり、丁寧な指導を授かりながら一緒に勉強していくという意味ではみんな基本的に同じではないだろうか?うまく言えたか分からないけど、これは私の勝手な考え。
 とにかく、インタビューの機会を与えてくれたOBSラジオ、インタビューの要請に応じた竹工芸訓練支援センターの所長や先生達、こんな騒ぎで私が迷惑を掛けている訓練生たち、の皆さんへ感謝の意を表したい。

On Thursday morning this week, Yukiko Arakane from OBS (Oita Broadcasting System) radio came to the Center to interview me. Around 9:00, I was called to the director's office for a prelimary discussion, followed by a 4-minute interview that was broadcasted live on OBS radio's Chokan (朝感) show around 9:30. (Chokan, by the way, is a play on words; it's a homophone to 朝刊, meaning "morning edition," but the show's name means "morning feelings" or "morning impressions.") It was a relatively short interview so we couldn't fit much in, but the general flow of questions went like this: what brought me to Oita in the first place, why I applied to the school, what I am struggling with most at school now, what I'll do after I graduate, and whether there are any bamboo crafts in the US. They also put up a picture and a blurb from the interview on their blog. Notice in the photo we're holding the mutsume morikago that we trainees are currently working on (I'm holding the model; Arakane-san is holding one I'm half finished). I'll translate the article for you here:

From America...
Topic Car blog, May 21, 2009 (Thursday)

Stephen, from America, was admitted to the Oita Prefecture Bamboo Craft Training and Support Center (Beppu City). Stephen became interested in bamboo crafts when he saw bamboo material being processed. Learning bamboo crafts is fun, but it's painful sitting on the wooden floor, he says. He spoke energetically about how he wants to continue working in bamboo crafts even after completing the one-year program. We all hope he'll help spread bamboo crafts in America. Everyone, please check out Stephen's blog too.

No comments:

Post a Comment